被害者になったら

自転車を使用することが増えたことで自転車事故が多発しています。自転車は免許の必要がなく、交通違反などで罰せられることも自動車に比べると少ないです。さらに小さな子供からお年寄りまで幅広い人が使用するため、事故が起きたときの責任問題がとても難しくなります。

もし自転車事故で被害にあってしまった場合、一番心配なことは後遺障害です。自転車事故で被害者になる場合は、車との接触事故が多いです。自動車との事故は巻き込まれるか衝突した衝撃で跳ね飛ばされることもあります。そのため重症化してしまう可能性があります。衝撃が強いほど重症化しやすく、脳にダメージを受けてしまうと意識が戻らなくなってしまうこともあります。また意識が戻った場合でもしびれやマヒ、下半身不随など体に大きな障害を抱えてしまう可能性があります。

自転車事故では、被害の大きさから後遺症の症状緩和がとても需要です。もし軽傷だったとしても念のため病院に行くなど早い段階で対応することでどの程度の後遺症になるのかも大きく変わります。整形外科や整骨院などでは交通事故で被害のあった人を特に重視してみているところも多いです。ある程度長期間通う必要が出てきますが、リハビリや治療を行うことで後遺症の緩和につながります。